良い業務体制を構築する!ISO14001の取得で働きやすさ倍増

IT

業務品質を示す

男の人

ISOを取得する際に注意すべき点

最近ISO規格の取得を検討している企業が増えつつあります。取得することで社会的信頼を得ることができるというメリットはありますが、その際以下のような注意点もしっかり抑えておく必要があります。まずあげられるのが審査機関の選択です。めったにないことですが、ISO規格にはかなりの種類があり、審査機関によっては自社産業の審査資格を保有していないことがあります。そうなるとまた新たに審査機関探しを行なう必要があるため、予め依頼予定の審査機関で自社産業のISO取得が可能かどうかを知っておく必要があります。 次に挙げられるのが作業量の増加です。ISO規格を取得すると、文書化などの事務処理が増加します。そのため従業員の負担が大きくなる可能性もあるため、そのあたりのケアをどうするかについても決めておかねばなりません。上記の注意点をしっかり抑え、ISO取得を検討されることをおすすめします。

ISO取得で業務品質確保を宣言する

ISOを取得することは社外に向かって経営品質等をアピールすることにつながります。ISOは国際標準化機構のことで、国際間の取引を円滑化するための共通の基準を作りそれを採用して運用している企業にはISO規格の取得を認めるというものです。 しかしISO取得と一口に言っても、実は規格には種類があるのです。代表的なものとしてはISO9001があり、これは品質管理システムの規格です。さらに、ISO14001というものもあり、環境マネジメントシステムの規格となっています。 近年になって、この規格はさらに種類を増やしており、商品安全管理システムのISO22000、情報セキュリティー管理システムのIS27001等が加わっています。取得にはコストがかかりますので、企業としては焦点を絞ることも重要かもしれません。もし、組織内の環境を少しでも改善したいと思ったら、ISO14001の取得がおすすめです。

徹底して行う

男性

機密文書はその企業や個人における非常に重要な情報となるので取り扱いには充分気をつける必要がある。機密文書はその情報を内部だけに留めることが大切なので、処理にはシュレッダーなどが広く使用されている。

Read More

コストがかかる

会社

食品会社なら、ISO22000の取得によって作業の効率化を図りやすくなります。ISO22000審査をするときには費用がかかるので、事前にいくらかかるのかチェックしてから、取得を目指しましょう。

Read More

取得をする

システム

ISO取得をするためには費用がかかってしまいますが、審査する場所によって審査員の日数などが異なります。ISO取得には従業員100名でおよそ100万とされています。

Read More

Associated Link

  • アイソ・ラボ株式会社

    ISO14001を利用する時には必ず注意書きを確認しましょう。正しい使用方法を守る必要がありますよ。